ホーム
初めての方へ
診療について
交通事故診療
スポーツ障害
施術内容
ショックマスター
院長紹介
野球への取り組み
リンク
アクセス
診療時間

 肩こりや首の痛みでお困りの方へ

デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたりすると、首や肩、背中の筋肉が疲れてきます。 そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬くこわばって張ってきます。
肩こり
また、寝不足やストレスなども筋肉を緊張させ、疲労物質をためこんでしまいます。このような筋肉の疲れが筋肉のハリやコリ、ダルさなどの症状を引き起こすのです。
放置していると
こわばった筋肉が血管を圧迫すると血行不良となり、コリがひどくなります。末梢神経が傷ついて、ジーンとする痛みやしびれが生じてきます。
症状が軽くても、そのままほったらかしていると、悪くなることはあっても、良くなることはなかなかありません。早めに対処ができれば、長引かなくて済みますし、悪化してしまったら治るまで時間がかかってしまいます。
痛みを感じ始めたら我慢せずに、まずは当院にてご相談下さい。
< 治療方法 >
温熱療法、電気療法、マッサージなどの物理療法が効果的です。当院では患者様の症状を的確に判断して最適な治療法を施していきます。

 腰痛でお困りの方へ

腰痛は日本人の8割の方が生涯経験すると言われています。一言に腰痛といってもその種類はたくさんあります。例えば急性腰痛(ぎっくり腰)脊柱管狭窄症、腰部椎間板ヘルニア、心因性の腰痛など様々な原因で引き起こされます。
腰痛
< 治療方法 >
温熱療法、電気療法、マッサージなどの物理療法が効果的です。当院では患者様の症状を的確に判断して最適な治療法を施していきます。

 ひざの痛みでお困りの方へ

膝は加齢とともにその周辺の筋力が衰えてきて、体重やその他外力などによって大腿骨と脛骨がぶつかり合い変形して痛めるものが多くなっています。その他運動による金属疲労により靭帯、半月板などを痛めるケースもあります。
膝
< 治療方法 >
原因がはっきりしまいものは、提携の専門医に依頼して、レントゲンやMRIを撮影してもらい特定してから治療に入ります。原因が分からず治療をしても、患者さんとの信頼が保てません。

 足首の痛みでお困りの方へ

足首は体重の負担が最も掛かる場所であり、細い部位です。関節の変形や、捻挫、かかとの痛みにより関節の動きが悪くなり、時には水が溜まったりもします。
肩こり
< 治療方法 >
ひどい捻挫などには、アイシングをした後ES-530で治療をし、テーピングで固定して安静を保ちます。

 その他の痛み

ふれあい整骨院では、その他にも様々な体の痛みの治療を行っております。下記のような痛みでお悩みの方、お気軽にご相談下さい。
坐骨神経痛
坐骨神経痛というのは、軽度の腰痛から症状がひどくなったときに良く起こります。また、 椎間板ヘルニア、分離症、すべり症、脊柱管狭窄症 などの重度の腰痛でも見られます。
症状としては、お尻の辺りから足の指先にかけて痛みやしびれが出ることが特徴です。
手の痛み・腱鞘炎
腱鞘炎は、野球やゴルフなどひじや手首を使うスポーツをしたり、パソコンやピアノなどで手や指を酷使したりすると起こりやすい症状で、痛みや腫れを伴います。
原因のほとんどが、手や指の使い過ぎといわれていますが、スポーツ時の身体への負担や、パソコン使用時の目や肩への負担など、色々な体の疲れが溜まることも腱鞘炎の原因ではないかと考えられています。
関節炎
肩、指、肘、手首、股関節、膝、足首など、身体の各部位には、様々な関節があります。この関節に炎症が起こることを総称して関節炎とよんでいます。
関節には、軟骨があり、肘や膝など「動く場所」で繋ぎ目の役割をしています。関節炎の多くは、加齢によって関節軟骨に変な摩擦が加わったり、骨そのものがもろくなったり、変形してしまうことでおこります。
関節炎の症状は、炎症を起こした関節に痛みをもたらし、症状が重い場合は、関節が動かなくなります。一つの部位に起こることが多く、右の肘が痛い、左膝が痛いなど、どこか一箇所痛むのが特徴です。